自由な空へ

日々の気になることを綴ります。自由にしなやかに生きられますように

喉に良い飲み物にはハチミツが必要ハチミツの効果は素晴らしい!?

喉に良い飲み物としてハチミツ入りが良く紹介されていますね。

ハチミツには、殺菌作用があるため喉がイガイガした時に摂取すると効果的です。

ハチミツは栄養価も高い為、風邪などで体力が落ちている時も疲労回復にピッタリの食材です。

この記事では、喉に良いハチミツの効果や食べ方を紹介したいと思います。

f:id:blue-sky-liberty:20210105213643j:plain

喉に良いハチミツの効果

ハチミツの効果は


● 殺菌作用が高い
● 保湿効果が高い
● 栄養価が高い

ハチミツは、消費期限が長いことからもわかるようにとても糖度が高いため、菌が繁殖しにくい状態にあります。

細菌を抑制する効果があるので喉のイガイガなどを和らげる効果があります。

また、ハチミツは水分が少ないため周りの水分を閉じ込める事が出来ます。

その為、保湿効果が高いので喉の痛みにも効き目があります。

甘くておいしいハチミツ、料理や飲み物に入れ手軽に摂取することができます。

栄養価も高いので疲労回復としてもとても良いですね。

喉に良いハチミツを摂取する注意点

栄養価も高く、甘くて沢山食べてしまいたくなりますが食べ方には注意が必要です。

糖分の高い、ハチミツです。摂りすぎれば必然、太ります。

ハチミツの成分の中の果糖、ブドウ糖は、それぞれ皮下脂肪に蓄積されやすかったり、中性脂肪が多く隠れ肥満につながってしまうこともあります。

なので、美味しくても食べすぎには注意が必要です。

また、栄養価も高く、赤ちゃんや子供にも良いのでは?と思われた方も多いのではないかと思いますが、1歳未満のお子さんには、絶対にハチミツは食べさせないでください。

ハチミツには、ポツリヌス菌が含有されています。
これが、1歳未満のお子さんが口にすることで、乳児ポツリヌス症にかかることがあります。

 

重要なお知らせ
赤ちゃんのお母さん・お父さんやお世話をする方へ
1. 1 歳未満の赤ちゃんがハチミツを食べることによって乳児ボツリヌス症にかかることがあります。
2. ハチミツは1歳未満の赤ちゃんにリスクが高い食品です。
3. ボツリヌス菌は熱に強いので、通常の加熱や調理では死にません。1歳未満の赤ちゃんにハチミツやハチミツ入りの飲料・お菓子などの食品は与えないようにしましょう。  厚生労働省引用

 

喉に良いハチミツの選び方

一言でハチミツと言ってもハチミツにも種類があります。

  • 純粋ハチミツ
  • 精製ハチミツ
  • 加糖ハチミツ

純粋ハチミツ

蜂が、花から集めてく作った純粋にに何も混ぜられていないものを純粋ハチミツといいます。

日本では、水分が含有量が23パーセント以下、海外製品では20パーセント以下という基準があります。

精製ハチミツ

ハチミツを精製し色やにおいを取り除いたものをいいます。

加工製品に使用するために精製している為、本来の栄養素は壊れてしまい糖分としてだけのハチミツとなってしまいます。

加糖ハチミツ

ハチミツに加糖ブドウ糖液を加えたものをいいます。

ハチミツの含有量が全体の60パーセント以上のものをいいます。

純粋ハチミツ以外は、ハチミツの加工品ですね。

その為、ハチミツとしての栄養価が高いのは純粋ハチミツが1番になります。

さらに、蜂が花から集めてきたハチミツ。その種類によって、香りや色、味が違ってきます。

例をあげれば、レンゲ花ハチミツやアカシアハチミツなどなど。

花の種類によってさっぱりな味わいだったり、スパイシーな味だったりとそれぞれ味が違います。

 

 

 

 

 ハチミツの種類ってたくさんあります。一つずつ試していくのも楽しいですね。

 

喉に良いハチミツの食べ方、飲み物とは?

喉に良いハチミツ効果的に食べたり、飲むには、常温・ぬるめで飲むのがおすすめです。

飲んだり、食べたからといってすぐに効き目がでてくることはありません。

適度な量を適切に飲みましょう。

 

 ・ハチミツ大根
 ・ハチミツレモン
 ・ジンジャーハチミツレモン
 ・お湯に溶かして飲む
 ・コーヒーに入れて飲む

と簡単に飲んだり食べたりできそうですね。

ハチミツ大根は、カットした大根をガラスの容器にハチミツと一緒に入れておくことでできます。

シロップを炭酸やお湯で割って飲んだり、大根を食べたりもできます。

乾燥しやすい季節に常備しておくのもいいですね。

 

マヌカハニーは、普通のハチミツよりも殺菌力高く、成分の濃さが違うようですよ。

 大根ハチミツは定番です!

 

喉に良いハチミツの成分とは

ハチミツの中の成分の中には、ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンC・葉酸パントテン酸カリウム・ナトリウム・カルシウム・マグネシウム亜鉛・鉄・ポリフェノール・アルギニン・グルタミンなど様々な成分が入っています。

 

ハチミツの中には、蜂が集めてきた花粉の成分も入っているので たんぱく、ビタミン、カルシウム、カリウム、鉄、ミネラルも含まれています。

また、ハチミツも甘くて太るような気がしますが、砂糖の3分の1のカロリーになります。

 

まとめ

ハチミツは殺菌・保湿・栄養価の高い食品です。

なのにカロリーは砂糖よりも低い、嬉しい食品です。

乾燥するこの時期、常備して喉をいたわっていきたいですね。

優しい甘さに癒されながら、喉の調子を整えることができそうです。